来年から脳神経外科専攻医に加わる伊勢赤十字病院 田中宏幸先生と、済生会松阪総合病院 市川智教先生です! 2人とも手にデザートを持っているスイート男子(?)です。きっと後悔しないと思いますよ。一緒に頑張っていきましょう!


スポンサーサイト
嬉しい知らせが届きました!
昨年より研修している鈴木有芽先生の初論文が日本脳神経外科学会英文誌NMC Case Report Journalにアクセプトされました!
Tiny falx meningioma causing massive interhemispheric subdural hematoma: a case reportという論文で、松阪済生会病院での経験症例をまとめたものです。

昨年、専攻医になった6人の中で先頭を切っての論文です。同級生も是非、続いてください。
CFDに興味を持ち、三重中央医療センターで昨年より三重大学脳神経外科専門医プログラムの下、専門研修を開始していた岸本智之先生がついに入局することを決めてくれました!
仲間が増えるのは嬉しいですね! これから一緒に頑張っていきましょう!


2017.08.08 第48回CSNET
ご報告が遅れましたが、7月29日に高山で開催された第48回日本脳神経血管内治療学会中部地方会で、DWI-ASPECTS低値で血栓回収療法を試みた症例について発表させていただきました。

トップバッターということで非常に緊張しておりましたが、阪井田先生・当麻先生・芝先生、そして研修医の伊藤先生から優しい励ましの言葉をかけていただき、何とか発表を終えることができました。
討論ではCTを含めた画像評価のあり方や適応基準の明確化など今後の課題についてご助言をいただけたので、引き続き検討していければと思っています。

他の皆さんの発表やフローダイバーターについての特別公演はどれも興味深く、とても勉強になりました。まだまだ経験の少ない私ですので、この様な機会で学び得たことを今後の診療に活かしていきたいです。

20170729

休憩中のおやつにはわらび餅を、発表後には美味しい飛騨牛をいただきました。発表前は緊張のあまり写真を撮ることを忘れていたので、食べ物の写真ばかりになってしまったことをどうぞお許しください。
7月29日、中部地区野球大会の決勝戦が、こまつドームで開催されました。
相手は、強豪の名古屋大学。
20170729ブログ

残念ながら、8-2で負けましたが、
反省点や今後の課題が分かって、いい試合でした。

新生三重大学脳神経外科野球部としては、今年初参加で、準優勝という快挙!
部員の先生方、お疲れ様でございました。